自作スリングライフル及びライフル型スリングショット(輪ゴム銃)の設計・製作・作り方、FC2ブログやフリーソフトの使い方の解説などを行う自作兵器開発兼解説ブログです。設計図から作り方、機関部の構造、材料等の解説記事を書いています。スリングライフルの開発以外にもホームページ制作やプログラミング(JavaScript)、切り絵、クワガタのペーパークラフト等の創作活動をしています。



現段階での概算金額 - 『独りの創作家』

『独りの創作家』 ホーム » スポンサー広告 » [6号機]イニシエータ(廃) » 現段階での概算金額

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現段階での概算金額

・アルミ角パイプ(15×15×1000[1.5])[448×2]
・アルミフラットバー
*5×10×300[185×1]
*5×30×300[410×1]
*3×12×1000[205×2]
・アルミパイプ(9×1000[1.0])[395×1]
・アルミ丸棒(4×995)[185×1]
・プレーナー材(19×89×910)[180×1]
・M字レール[480×1]
※角括弧内はパイプの厚みまたは金額
小計:3141円

上記は全て購入済みです。


その他小物類は購入していないものも含みますのである程度。
恐らく以下のもので全てです。
・M3&M4ナット[6×適量]
・M3&M4ボルト[15〜18×適量]
・ワッシャー[3×適量]
・M4長ネジ100mm[68×2]
・引きバネ(外径4mm)[185×1]

また、ゴム止め(ゴムを挟むパーツ)に関してはUボルトプレート[40×4]になる可能性があります。多分サイズは違いますが息子さんのレオパルドで使ってるものだと思います。

それとバイポッドと塗装に関しては無くてもスリングライフルの役目を果たせるので概算金額には含めません。ですが長期的に使用するなら塗装は必須ですb
黒色の塗料が残っていれば良いのだが…。


やっぱり4000円に達しそうな^^;
オーバーするか否かはボルトやナットの個数次第ですね。



予算も大きな問題でしたが、加工に関して更に大きな問題が浮上。
それは角パイプの片面だけに穴をあける加工です。電動ドリルは勿論使って穴はあけます。しかし断面の処理が出来ないって事です。

今現在電動ドリルはありますがグラインダーやリューターは所有していません。ですのでその代用としてドリルチャックと軸付砥石を購入し電動ドリルを活用。これなら木材細部の加工に関して流用できますし、その他諸々恩恵がありますね。
んー、でも正直行くのが怠い(笑)
まず雪やら雨やらで今週は籠る予定だったので…
って言って今日はフラットバーとボルト類を買いに行ったんですけどね。
一緒に買うべきでした。

まあのんびり作っていきます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
 【必須】
 【任意】
 【任意】
 【任意】
 【必須】
 【必須】
非公開コメント

トラックバック

http://hitorinosousakuka.blog.fc2.com/tb.php/257-97955697

【注意】当ブログに掲載している記事の情報について正確性及び安全性等は一切保障しません。なお、記事及びブログに書かれている物を製作し事件事故が発生しても一切の責任は負いません。自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。