自作スリングライフル及びライフル型スリングショット(輪ゴム銃)の設計・製作・作り方、FC2ブログやフリーソフトの使い方の解説などを行う自作兵器開発兼解説ブログです。設計図から作り方、機関部の構造、材料等の解説記事を書いています。スリングライフルの開発以外にもホームページ制作やプログラミング(JavaScript)、切り絵、クワガタのペーパークラフト等の創作活動をしています。



イニシエータ全体像 - 『独りの創作家』

『独りの創作家』 ホーム » スポンサー広告 » [6号機]イニシエータ(廃) » イニシエータ全体像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニシエータ全体像

スリングライフルイニシエータ全体図
スリングライフルイニシエータ黒Ver

先日3DCADで寸法の再確認やカラーデザインを行いました。
一応今の段階での寸法は初期案からの変更を加えたものなのでほぼスクショのものになります。

寸法は大体決定していいんですが配色がまだなんです。上記のスクショの黒色は試しです。でも多分このままかなあと思ってます。その時の気分ですね。


制作の方ですがとりあえずは進んでいますし、今日も買い出しに行ってきました。
明日か明後日あたりに進行状況を報告しますので。と言っても全然進んでいませんがねb
関連記事
スポンサーサイト
コメント
 【必須】
 【任意】
 【任意】
 【任意】
 【必須】
 【必須】
非公開コメント

こんばんは!超おひさしぶりです。

一つ私の経験からのアドバイスを。
バイポッドはまともな剛性と機能(脚の長さ調整・折りたたみ)を求めると自作はやめておいたほうがいいと思います。私も昔格安の予算でバイポッドを作りましたが納得のいくものになりませんでした。同じ予算をかけるなら2000円くらい出して中華バイポッドを買うか、2000円で買える三脚の雲台を加工して依託射撃用の携帯三脚として使えるようにしたほうが今後のためにもなると思います。どちらもAmazonとかで売ってますよ~。何が何でも自作しないと気がすまないというなら作るのを止めはしませんが(笑

2016-02-28 00:47 │ from はむURL

お久しぶりです。
製作が進んでいるようでなによりですが、バイポッド基部の構造についてちょっと忠告というか助言をさせていただきます。


基部にV字の金具、脚にボルトなどの金属棒を使われるようですが、この構造だと畳めるように作っても足がハの字に開きっぱなしで邪魔でしょう。基部のV字を逆にして、平板もしくは棒の先が平面になって穴のある金具を脚に使うと畳んだ際に足が並行になるのでいいですよ。
また、バイポッド基部にライフルの荷量すべてが掛かることになるので鉄角パイプ+レールでも容易に歪み精度が悪化します。
1バイポッド使って射撃しかしないなら基部の直上に弾受け止めを配置するとか下フレームに補強入れるかして、剛性を高める必要があるように思います。
バイポッド使わない射撃もするのなら畳んだバイポッドをフォアグリップとして使えるようにすれば良いでしょう。脚の先をトリガーあたりの角パイプが2段になっている部分に固定できるように作ればある程度荷重が分散できるでしょう。
外見にこだわりがないならフォアグリップをつけてその上に基部をつくると良いでしょう。
フォアグリップをつけるのは持ちやすさや外見もありますが、手とフレームの接触面を増して荷重を分散させるという理由もあるのです。


あんまり人の設計に口出すのもどうかと思ったのですが、金欠と製作できない苦しみはよく味わってきたので。





2016-02-28 01:48 │ from 息子URL

御二方超お久しぶりです!
直々にアドヴァイスありがとうございます。ブログやっているからこそ意見がいただけるので嬉しいです。
そしてバイポッドに関しては未知な部分が多すぎて迷走していましたし、

進度について期待させるような書き方をしてしまったんですが、微々たるもの以前の進行速度です。恐らくは数秒啞然することでしょう^^;


>バイポッドはまともな剛性と機能(脚の長さ調整・折りたたみ)を求めると自作はやめておいたほうがいいと思います。

CADではバイポッドのボルトを20cmちょっとに設定しています。短いとグリップが地面に着いてしまうので。
この長さのボルトだと剛性面でかなり劣ることは目に見えて言えます。。
また三脚ならあるんですが、RUN&GUN出来ないじゃないですか(笑)
もっとも、やらないですけどねb


>バイポッド基部にライフルの荷量すべてが掛かることになるので鉄角パイプ+レールでも容易に歪み精度が悪化します。

これがネックでバイポッドを付けるか悩んでます。それに加え鉄ではなくてアルミの角パイプなのでどうしたものか。
こんな感じですが、重心は真ん中より後方にあるのである程度荷重はバイポッドから退けられます。なのでまだ見込みはあるかなあと。


>バイポッドをフォアグリップとして使えるようにすれば良いでしょう。

面白いアイデアをありがとうございます。可動部に関しては加工が大変そうですが、ヨークからグリップまでの長さがそんなにないのでコンパクトに収められます。これも視野に入れて再検討していきます。

2016-02-28 10:10 │ from 独りの創作家URL

訂正
フォアグリップ× フォアエンド○
朦朧とした状態で文章書くもんじゃないですね。

とにかくバイポッド着けるならフレームに何らかの補強は必要でしょう。
機能としては折り畳みはないと困りますが、脚の長さ調節は無くてもちょっと不便になるだけです。
そもそもバイポッドというのは戦場で砂袋等のレストが用意できない時の補助的なものなので、バイポッドが作りたいのではなく、精度ある射撃がしたいならレストを作る方がいいですよ。


んで、ちゃんとした意味でバイポッドをフォアグリップにするなら「グリップバイポッド」というものがあるので参考までに

2016-02-28 16:11 │ from 息子URL

グリップバイポッドは認知していますがデザインがあまり好きではないのです。あれが最適化されたフォルムであるのは否めませんが。

今日はそこそこ作業をしたのですがドリルが折れて予定より遅れが出てしまいました。また買い出しに行かなくては…。思い返してみれば作業時間よりも買い出しに行く時間の方が長いような気がしますb

2016-02-28 19:26 │ from 独りの創作家URL

トラックバック

http://hitorinosousakuka.blog.fc2.com/tb.php/258-238e0b46

【注意】当ブログに掲載している記事の情報について正確性及び安全性等は一切保障しません。なお、記事及びブログに書かれている物を製作し事件事故が発生しても一切の責任は負いません。自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。