自作スリングライフル及びライフル型スリングショット(輪ゴム銃)の設計・製作・作り方、FC2ブログやフリーソフトの使い方の解説などを行う自作兵器開発兼解説ブログです。設計図から作り方、機関部の構造、材料等の解説記事を書いています。スリングライフルの開発以外にもホームページ制作やプログラミング(JavaScript)、切り絵、クワガタのペーパークラフト等の創作活動をしています。



自作スリングライフル5号機 - 『独りの創作家』

『独りの創作家』 ホーム » スポンサー広告 » スリングライフル過去作 » 自作スリングライフル5号機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作スリングライフル5号機

大まかな流れ


2014/10/12 完全非接触型としてスリングライフル5号機の計画案発表。
2014/10/18 機関部発表。材料費概算発表。
■機関部
 ・T字ステー(黒) 53円*1個=53円 [横幅40mm]
 ・アルミチャンネル 220円*1本=220円 [厚み2mm-15*15*300]
 ・アルミ板 170円*1枚=170円 [5*10*300]
■フレーム
 ・プレーナー材 265円*1本=265円 [19*38*2400]
 ・金属プレート 140円*2枚=280円 [2*40*114]
…など。
※税抜表示。
2014/11/07 制作風景の紹介。
2014/11/07 完成。レイテスト(latest)と命名。
2014/12/06 試射。
2014/12/08 機関部の作り方と紹介。



写真


スリングライフル5号機製作13
スリングライフル5号機製作14
スリングライフル5号機製作2
スリングライフル5号機製作5
スリングライフル5号機製作10




まとめ


5号機は完全非接触型というタイプで制作しました。一応これは試作で上手くいけば、改めて作り直す予定でした。しかしながら、コッキングの困難さや肥大化、弾受けの可働領域の広さなどの理由から改める事はしませんでした。
また、今作で僕初のブルパップ採用。これだけは5号機で得られた良き事でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
 【必須】
 【任意】
 【任意】
 【任意】
 【必須】
 【必須】
非公開コメント

ncaqrbo@outlook.com

自作スリングライフル5号機 - 『独りの創作家』
orbctytoqr http://www.g395768ciw36n1ay0e8k0db2x93q4yius.org/
<a href="http://www.g395768ciw36n1ay0e8k0db2x93q4yius.org/">aorbctytoqr</a>
[url=http://www.g395768ciw36n1ay0e8k0db2x93q4yius.org/]uorbctytoqr[/url]

2017-03-25 21:46 │ from orbctytoqrURL Edit

トラックバック

http://hitorinosousakuka.blog.fc2.com/tb.php/267-57695ece

【注意】当ブログに掲載している記事の情報について正確性及び安全性等は一切保障しません。なお、記事及びブログに書かれている物を製作し事件事故が発生しても一切の責任は負いません。自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。