自作スリングライフル及びライフル型スリングショット(輪ゴム銃)の設計・製作・作り方、FC2ブログやフリーソフトの使い方の解説などを行う自作兵器開発兼解説ブログです。設計図から作り方、機関部の構造、材料等の解説記事を書いています。スリングライフルの開発以外にもホームページ制作やプログラミング(JavaScript)、切り絵、クワガタのペーパークラフト等の創作活動をしています。



改めて設計 - 『独りの創作家』

『独りの創作家』 ホーム » スポンサー広告 » 新作スリングライフル » 改めて設計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて設計

 以前に製作していたスリングライフル、たぶん6号機的な立ち位置にあったかと思います。それはお察しの通り製作途中で中断状態にあります。一部無理すぎる設計(結局あけましたが厚さ5mm奥行10mmの板にφ3を電動ドリルであける等)したりと、少し不都合があったこともその要因です。

そんなわけで全く別のもので新たに設計しました。今はまだ全貌を公開するに足るほど設計していませんので、ゴム掛けとレシーバ周辺を紹介しておきます。あくまでも脳内CADをブログ用に描き起こしたものなので以後変更ありです。



※既製品やその他もろもろは適当なサイズです。

 ゴム掛けの部分に関しては上の画像だけでは全く分からないと思いますが、板材3層によって構成する予定です。今まではボルトだったゴム掛けをクランプにしようということです。これに関しては脳内でほぼ固まっています。

 レシーバ周辺はまだあやふやです。安全装置の搭載はスペース的にどうなるか。機関部の決定次第で変動するかなと思います。


 今回はいろいろ既製品を揃えようかと思います。1万前後を見込んで。

 今現在、前に紹介した機構を来週から加工して製作するので、それが終わり次第、このスリングライフルを設計し始めようと思っています。まあゆっくり設計して、板材のポケットも少し試しておかないと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
 【必須】
 【任意】
 【任意】
 【任意】
 【必須】
 【必須】
非公開コメント

トラックバック

http://hitorinosousakuka.blog.fc2.com/tb.php/278-96e20bab

【注意】当ブログに掲載している記事の情報について正確性及び安全性等は一切保障しません。なお、記事及びブログに書かれている物を製作し事件事故が発生しても一切の責任は負いません。自己責任でお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。